●案内
●情報

ラセック(ラーゼック、LASEK)

スポンサード リンク
ラセック(LASEK)とは従来のレーシック手術とは異なり、フラップを形成するマイクロケラトームを使用しません。

フラップを形成する代わりに、ラセックではアルコールで角膜上皮を浮かし、角膜上皮をフラップ上に剥がしてから、角膜に対してレーザーを照射します。

ラセックによる近視矯正手術は角膜が薄いために従来のレーシックが受けられない人や強度の近視がある人、格闘技などの激しい運動を行う人などでも行える方法です。

ラセックのデメリットとしては、両眼を同時に手術できないことと、角膜上皮が混濁する場合があること、アルコール処置が将来的なリスクになり得るなどがあります。


◆都道府県別の眼科病院・クリニック一覧◆

レーシック手術が行える眼科病院・クリニックを都道府県別に一覧でご紹介しております。

目的の都道府県を下の日本地図から選択していただき、都道府県別の眼科病院・クリニック一覧をご覧下さい。
近視矯正、視力回復

北海道・東北関東・甲信越東海・北陸関西・近畿中国・四国九州・沖縄北海道青 森岩 手宮 城秋 田山 形福 島
東 京神奈川埼 玉千 葉
茨 城栃 木群 馬山 梨新 潟長 野
富 山石 川福 井愛 知岐 阜静 岡三 重
大 阪兵 庫京 都滋 賀奈 良和歌山
鳥 取島 根岡 山広 島山 口
徳 島香 川愛 媛高 知
福 岡佐 賀長 崎熊 本大 分宮 崎鹿児島沖 縄