●案内
●情報

レーシック手術後のリスク・後遺症・危険性・副作用の一覧

スポンサード リンク
レーシック手術は比較的安全性の高い手術方法ですが、少なからず手術による影響もあります。

ここでは、レーシック手術の手術後におけるリスク・後遺症・危険性・副作用を一覧にまとめて見ました。


●術後の視力の不安定感(見えにくさ)
 術後しばらくは視力が安定せず、かすむなど見えにくいことがあります。
 半日~1日で視力が安定すれば改善します。


●ドライアイ
 手術の影響で角膜周辺の感覚が鈍くなり、術後2~3ヶ月は涙液の分泌量が低下し、眼が乾燥しやすくなります。
 目薬などで症状を緩和させます。


●ハロ・グレア
 夜間や蛍光灯の下などで、光がまぶしかったり、光の周りがぼやけたりする症状です。
 通常3ヶ月~半年で症状が改善されるようです。


●フラップのシワ・ずれ
 フラップは自然接着しますので、術後は不安定な状態となります。
 目をこすったり、スポーツや事故などで強い衝撃を受けるとフラップがずれたり、シワが寄ったりすることがあります。
 シワは不正乱視の原因となることもあり、適切な処置が必要となります。


●矯正誤差
 手術の結果が目的とした回復視力に達しない場合があります。
 原因は色々あるみたいですが、角膜の水分量や傷の治り具合、年齢などに関係するようです。
 眼科専門医に相談しましょう。


●近視の戻り
 強度の近視や遠視の人、パソコン作業が多い人などで矯正視力がやや元に戻る場合があります。
 戻りの程度によっては再手術することもあります。
 従って術後の定期健診が大切になります。


●老眼
 40歳以上の人が手術を受けると、それまで自覚の無かった老眼を自覚する場合があります。
 近くのものが見えにくくなり、老眼鏡が必要になることがあります。


●医療機器のトラブル
 機器のトラブルによりフラップ形成が不完全になる場合がごく稀にあるそうです。


●感染症
 術中、術後の衛生上の問題から感染症が発生することがあります。



◆都道府県別の眼科病院・クリニック一覧◆

レーシック手術が行える眼科病院・クリニックを都道府県別に一覧でご紹介しております。

目的の都道府県を下の日本地図から選択していただき、都道府県別の眼科病院・クリニック一覧をご覧下さい。
近視矯正、視力回復

北海道・東北関東・甲信越東海・北陸関西・近畿中国・四国九州・沖縄北海道青 森岩 手宮 城秋 田山 形福 島
東 京神奈川埼 玉千 葉
茨 城栃 木群 馬山 梨新 潟長 野
富 山石 川福 井愛 知岐 阜静 岡三 重
大 阪兵 庫京 都滋 賀奈 良和歌山
鳥 取島 根岡 山広 島山 口
徳 島香 川愛 媛高 知
福 岡佐 賀長 崎熊 本大 分宮 崎鹿児島沖 縄